健康志向と味噌のグレード/まずは無添加味噌にしてみた

sim(@ssiR01)です。

主食の玄米は無農薬な有機栽培ものを食べていますが、味噌はだし入りの非オーガニックなものだったので思い切って変更しました。

だし入り味噌はお手軽で美味しいですが、食品添加物がたくさん含まれていて健康志向な僕には検討課題だったのです。

健康は日々のインプットとアウトプットで決まってくるので、毎日のインプット(=食事)はできるだけ健康志向なものを選びたいところです。

 

健康志向の味噌のグレード

一番の理想は有機栽培原料を使っていて、食品添加物が入っていない無添加タイプの味噌なのです。

健康的な順に味噌の種類を並べると、こんな感じです。

  1. 有機栽培原料使用・食品添加物無添加
  2. 食品添加物無添加
  3. 食品添加物入り

一番の有機栽培・無添加味噌はピンキリで高いものだと1kgで3000円を超えますが、安いものであれば400円前後からあります。

僕が今まで食べていた出汁入り味噌の調味料も天然のものを含んでいるので、そこまで悪くはなかったと思いますが、よりオーガニックなものに変えていくことにしました。

 

近所のスーパーで探してみるが無農薬栽培ものは発見できず

そうなんです。ネットでは無農薬味噌の通販が盛んに行われていますが、スーパーでは極めてマイナーなようです。

もしかしたら、見逃したのかもしれませんが…

仕方ないので、有機栽培は目を瞑って「無添加味噌」を買ってきて食べています。

スーパーは近所に数件あるので、完全オーガニックな味噌を探し続けてみるつもりです。スーパーになければデパ地下探索です。

それでもなければ、通販ですかね。

 

無添加味噌でも大きな進歩だった

だし入り味噌のだしは、人工的に作られた食品添加物の場合がほとんどです。

アミノ酸なんかもそうですね。

あとは味噌の発酵を止める保存料です。

酒精(アルコール)の類ですね。

無添加味噌だと、原料はシンプルで次の3つのみです。

  1. 大豆

 

無添加味噌の味は出汁入りタイプよりも素朴

自分でオーガニックな出しを入れれば済むだけの話ですが面倒なので、お湯を注いでそのまま食べています。

具にはとろろ昆布を入れているので、昆布出汁が少し効いているくらいですね。

確かに出汁入りタイプの方が美味しいですが、無添加味噌の素朴な味も慣れれば気にならなくなりましたよ。

 

さいごに

完全オーガニック味噌を探求してオススメのものと出会えたなら、このブログで紹介したいと思います。

オーガニックな味噌もかなり種類があるので食べ比べが楽しみですね。

リアル店舗の探索と平行して、通販でも購入できるリーズナブルなものを探していく予定です。

では