六花亭喫茶の誕生日ケーキ・ドリンク無料サービスに思うこと

北海道を代表する六花亭は、喫茶室も同様に人気を博しています。安さと美味しさのバランスが素晴らしいのです。

僕もファンの一人。

そんな六花亭喫茶室では、誕生日の人にケーキとドリンクを無料でご馳走してくれるという素晴らしいサービスがあります。

若いころであれば素直に大喜びするのですが、ある程度の年齢に達した現在では少し複雑な気分です。先日、その無料サービスを受けに行ったのでレポートがてらまとめてみます。

 

誕生日の無料サービスとは

六花亭喫茶のメニューをよく見ると最後の方のページの下にこんな表示があるのをご存知でしょう?

注文を取りにきた店員さんにこの表示を見せながら、

「今日、誕生日なんですけど、プレゼントって何ですか?」と聞くと、

「おめでとうございます!」

「ケーキとドリンクが一つずつ無料になります!」

と答えが帰ってきます。

そして、誕生日を証明するもの、例えば、免許書などの提示を求められて無料サービスが受けられるシステムです。

ケーキは高いもので、約400円、ドリンクも約400円ですので、最大約800円相当の飲食代が無料になるというから驚きです。

僕はプレミアム25(チョコ)というケーキといちごミルクを誕生日サービスで注文しました。

 

「タダより高いものはない」は本当だと思う

若い頃であれば「タダより安いものはない!」といって、この無料サービスを狂気して喜んでいましたが、中年になった今は少し複雑な気分です。

約800円分の価値を提供してもらっているのに、「その対価を支払わないのは人としてどうなんだろう?」という疑問が湧き上がってくるのです。

小心者の極みでしょうか? なんか申し訳なくて店員さんとまともに目を合わせることができませんでした(笑)

これだけだと、サービスとはいえ、ただの無銭飲食になってしまうので、プラスアルファで、ホットアーモンドというドリンクも追加注文しましたが、申し訳ない気持ちは拭いきれませんでしたね。

ほんと小心者だわな(笑)

おまけに、ケーキ・ドリンクセットでもボリューム十分なのに、プラスアルファで注文したのでお腹が一杯になりすぎ少し苦しくなってしまいました

追加料金で苦痛を買うという、笑えない体験をしてしまったわけです。

そんなこんなで、トータル考えても店を出たあとの満足感はほとんどなかったのは残念でした。

これであれば、誕生日を名乗り出ずに好きなものを適量注文すれば良かったのかなと…

 

まとめ

今回感じたことですが、無料のサービスというのは満足感とは紙一重で、価値を感じられない場合もあるし、メンタル的にかえってマイナスな気分を味わうこともあるのだな〜と、改めて実感した次第です。

やはり、正当な対価を支払ってこそ得られる満足感があるというか、多くの場合はそうなのだという宇宙の法則に気が付きました。

サービスを提供する側と受ける側の双方がハッピーにならないと幸せを感じることができないといいますか…

お金をケチっては喜びも半減してしまうということを、身をもって体験してきた誕生日でした。

では