六花亭円山店/地下鉄駅から徒歩5分・動物園・公園散歩で立ち寄りたい

sim(@ssiR01)です。

北海道を代表するお菓子屋さん「六花亭」の札幌・円山店に行ってきたのでご紹介を。

六花亭の喫茶室は上品でありながら家庭的な雰囲気で寛げるのが魅力です。

もちろん、メニューにあるスイーツのレベルも高いです。

円山店は11月1日(2016年)から改装工事でしばらく休業になるため、その前に行っておこうというのが来店の目的です。

 

場所

地下鉄東西線「円山公園」駅から徒歩5分以内です。3番出口から地上に出て、通り一本南側です。

 

六花亭・円山店の概要

円山店は一階がお菓子売り場、二階が喫茶室になっています。来訪は10月下旬でしたが、中庭の紅葉がキレイでした。

img_2067

 

お菓子売り場

店舗面積は広めで、僕が過去に行ったことのある「帯広西三条店」と同じくらい、「札幌真駒内店」の2倍くらいの広さで、お菓子を展示しているテーブルの配置もゆったり目でした。

img_2070

お菓子のラインナップは充実していて、札幌真駒内店よりも多かったです。

ただし、ケーキのラインナップは「帯広西三条店」と比べると少なめでした。ケーキは二階の喫茶室のメニューを兼ねているためでしょう。

 

喫茶室

二階が喫茶室になっています。テーブル数も予想よりも多かったですね。しかし、人気なのか、平日の日中にも関わらず混んでいました。幸い、僕は待たずに座れましたが。

img_2071

そして建物の円山公園側(西側)には中庭があって、喫茶室の窓からは紅葉が楽しめしたよ。

img_2075

 

喫茶室メニュー

メニューはシンプルで予想よりも少なめでした。最近は六花亭喫茶室には行ってないので他店との比較はできませんが、昔、帯広本店に行ったときよりはメニュー種類が少なかったと思います。今度、札幌本店や帯広店に行った時に比べてきますね。

img_2078 img_2077 img_2079

 

季節のオススメケーキ

プレミアム25(紅茶)という紅茶風味のチーズケーキ(400円)とコーヒー(250円飲み放題)をいただきました。

六花亭ではチョコレートケーキが200円台ですので、少し高めのケーキです。

食べた感じは最初の2〜3口は紅茶の風味が強く感じられましたが、後半はチーズケーキの風味が勝っていました。チーズスフレに近い触感です。

img_2080

ケーキ本体の甘さは、六花亭らしく少し控えめで上品なお味。かかっているムースも同様で美味しくいただきました。

上に載っているのはビスケットというか焼き菓子ですね。こちらも甘さ控えめで美味しかったです。

img_2084

物足りなければ、別品を追加注文しようとも考えていましたが、これ一個でお腹は満足してしまいました。

コーヒーがおかわり自由なのですが、2杯頂いて満足です。コーヒーおかわりは、こちらから頼まなくも店員さんが巡回していて注いで回ってくれます。気を使わないシステムで良かったですよ。

img_2082

 

一階お菓子売り場で買い物

僕は道民ですので幼少のころから六花亭のお菓子を食べてきたので、新製品以外はだいたい把握しています。

せっかく来店しましたので、すこしマニアックなやつを2種類ほど買って、店員さんと円山公園の話をして退散しました。

買ったお菓子は「コーヒービーンズ(80円)」と「おふたりでモカ味(120円)」です。これらについては現在冷蔵後に保管中ですので、食べるタイミングでレビュー記事を書きたいと思います。

img_2088

合計でたった200円の買い物でしたが、六花亭の専用紙袋とビニル製手提げ袋で包装してくれるサービスの良さには頭が下がりました。

 

さいごに

僕は実家が六花亭の近所にあるので、年数回は買い物をしているのですが、お客さんも店員さんも幸せそうな雰囲気が印象的です。それは札幌の円山店も同じでした。

きっと六花亭ではお菓子という「幸せ」を売っているからなのでしょう。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。