札幌紅葉の名所/中島公園の秋

sim(@ssiR01)です。

僕が来訪したのは10月25日(2016年)です。さすがに初雪後でしたので紅葉もピークを迎えていると期待していましたが、ピークはまだまだといった様子でしたね。

たぶん、紅葉のピークは一週間後の11月以降ではないかと思います。

それでも十分に中島公園の紅葉の写真撮影を楽しめましたのでご紹介していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

場所

地下鉄南北線「中島公園」駅直結の非常に利便性の高いところにあります。

札幌駅から2kmくらいの距離ですので徒歩移動も可能です。時間にして徒歩約35分。徒歩移動の人は、札幌駅からだと地下歩行空間と地下街ポールタウンを歩いて、すすきの駅から地上に出れば、すぐですね。

僕自身も今日は中島公園を1時間ほど歩き回った後に、大通り公園まで普通に徒歩で移動しましたで、大した距離ではありません。

 

中島公園の特徴

札幌中心部の公園としては大通り公園が有名ですが、中島公園は池(菖蒲池)を囲んだ形でありますので、水辺の景色が楽しめます

散策路はすべて舗装済みで、靴も汚れず歩きやすいです。

池には水鳥が多いですね。

img_1726 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本庭園っぽい雰囲気で風情があります。実際そのような歴史的な建物もあります。

  • 八窓庵(はっそうあん):昔、茶室として使われていたとのこと。国指定重要文化財。江戸時代初期の建造物で1919年に札幌に移設されたとのこと。
  • 豊平館(ほうへいかん):その昔、貴賓用のホテルだったレトロな雰囲気の建物。1880年建築。

 

八窓庵

img_1822

 

豊平館

img_1846

 

紅葉の様子(2016年10月25日)

撮影スポットはいくつかありますが、日中だと逆光を避けるような位置取りで菖蒲池を挟んで撮影するといい絵が撮れますよ。

全景写真を撮るのであれば、菖蒲池の東側と南側デッキから公園北西方向のビルを背景に入れると中島公園っぽい写真が撮れるのでオススメですよ。

今回は逆光を無視して菖蒲池の回りを一周するかたちで撮影をしてきました。

地下鉄中島公園駅付近のイチョウ並木と楓

10月25日の時点では、半分ぐらいのイチョウの木は黄色く色づいていましたが、まだ青々している木も多かったですね。

img_1559 img_1564

カエデはいい感じに紅葉していました。入口付近にはカエデの木は少なかったですけど。

img_1569

菖蒲池北側デッキから

10月25日時点で紅葉しているのは、紅葉や楓系の木々がメインで、その他はこれからといった感じでした。でも、赤と緑のコントラストが鮮やかでキレイでしたよ。

img_1800 img_1768

菖蒲池東側から

img_1645 img_1683

菖蒲池西側から

午前中だと逆光になるので、なかなかいいアングルで写真がとれませんでしたね。

img_1584 img_1577

菖蒲池南側から

10月25日時点では、南側からだと紅葉の度合いはまだまだといった感じでした。

img_1599 img_1607

 

さいごに

中島公園のように水場のある公園というのも風情があっていいものです。しかも地下鉄駅直結と立地の良さ!!!

僕が来訪した時には平日にもかかわらず、写真撮影や絵を書いている方もそれなりにいらっしゃいましたので、眺めの良さは折り紙付きです。

そんなシチュエーションの中で、お茶やお昼を食べるのも悪くないです。近くにコンビニもありますしね。

これから紅葉が益々進むと思いますが、タイミングが合えば再訪して写真を追加したいですね。天気次第ですけど。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。