AppleWatchの腕時計として実用性はいかほどか?【1年レビュー】

sim(@ssiR01)です。

アップルウォッチを使い続けて約1年経ちましたので、ここらでレビューをしたいと思います。

今回のテーマは「Apple Watchはメイン腕時計になりえるか?」と「Apple Watchの使いどころ」です。

いわゆるアップルウォッチの実用性について私見たっぷりにレビューします。

“sim”

なんだかんだいって、気に入って使っているよ。

Apple Watchに実用性を求めてはいけない

腕時計に必要な機能は

外出中に正確な時間を知ることができること

たったのこれだけです。

では、アップルウォッチはというと、次の2つのケースにぶち当たったときに時計として機能しなくなる点で致命的です。

以下、僕がアップルウォッチの実用性に疑問をもつ2つの根拠です。

根拠1:iPhoneとペアリングしないと時計として機能しない

一番の理由は、単純にiPhoneとのペアリングをしないと時計として使えない点にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つまり、iPhoneが不具合を起こしたり、修理に出すためにiPhoneとのペアリングを解除すると、アップルウォッチは腕時計の形をした置物と化してしまうのです。

画面にはペアリング前の表示が映るのみorz…

レアケースだとは思いますが、僕がバッテリー膨張トラブルでiPhoneを修理に出している間はまったく使えませんでした。

この修理期間は、iPhoneも修理中ですので携帯端末で時間を知ることが全くできなくなってしまいました

補足)ペアリングを解除しなければ時計として使える

iPhoneを修理に出す時には、AppleサポートからはAppleWatchとのペアリング解除を指示されます。

しかし、iPhoneを2回目に修理に出す時にうっかりペアリング解除を忘れてしまいました。

この状態だと、一応時計としては使えます

“サル君”
まあ、AppleWatchはiPhoneとセットで使う道具ってことやね。

根拠2:充電がうまくいかないことがある

アップルウォッチの充電器は下の写真のようにマグネット方式です。

この充電器は接触がアバウトなため、たまに充電されていない状態に出くわします。

 

“sim”

とは言いつつも、慣れもあるのか、最近は充電ミスの頻度もかなり減った気がするな。

 

腕時計を買おうとしている人にはススメられない

これから最初の1本の腕時計、あるいは本命の腕時計として買おうとしている人には、アップルウォッチはススメられません。

理由は上に書いたとおり。

「不定期に腕時計として機能しなくなるから」です。

もう一つの理由として、デジタルガジェットの製品寿命の短さがあります。どんなに大切に扱っても一般の腕時計のように一生ものにはならないですよね。

そもそもOSが対応しなくなって、早ければ数年で全く機能しなくなる可能性も十分にありえるからです。

なので、腕時計が欲しいのなら普通の時計を買う方がいいですよ。

“サル君”
AppleWatchは一般的な時計として買うと残念に感じることが多いと思うな。

あくまでも、従来の時計と比べての話だけどな。

AppleWatchの使い所

運動量モニターとして

アップルウォッチはメイン腕時計にすることはできませんけど、ランニングやウォーキングなどのワークアウトのモニタリング用としては便利です。

見た目もオシャレですので愛着も湧きます。

僕はというと、ランニングやウォーキング中の心拍計・距離計・速度計・時計として愛用しています。

最近はOSもアップグレードされて、ワークアウト時の表示もとても見やすくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPhoneの音楽再生リモコンとして

AppleWatch

そして、地味に便利なのがiPhoneのリモコンとしての音楽再生コントローラです。

手元で、ボリューム調整や曲のスキップなどができますからね。

“sim”

実はこの機能を一番使っている気がするな。

ヘルスケア:心拍データの長期記録

さらに地味にうれしいのが、心拍数を自動で記録してくれる点です。

iPhoneのヘルスケアアプリで、時間、日、週、月、年単位でモニタリングした自分の心拍数を見ることができます。

このデータから循環器系の疾患を早期に発見できるかもしれません。

“sim”

将来的には、もっと多種類のデータをモニタリングできるようになってほしいな。

これで医療費が節約できるのなら高額なAppleWatchを買ったかいがあったというものだよ。

AppleWatch心拍

iPhoneの通知機能について

他のレビュアーが言っているように通知機能は確かに便利です。

ですが、僕個人としては、通知機能は無くても別に無くても困らないというのが本音ですね。

「あれば便利」程度です。

 

実際はメイン腕時計として愛用している件

アップルウォッチについて散々ディスってしまいましたが、実際は腕時計として愛用しています。

実用性もじつは問題ありません。

というのは、万が一バッテリー切れになっても、スマホで時刻を知ることができるからです。

アップルウォッチは実際使ってみると不思議と愛着がわくので、実用性に不満があっても愛用しています。

また、アップルウォッチも次々と新型が発売されていますが、不思議と新型を欲しいとは思わず、現在持っている機種を愛用しつづけています。

つまり、スマートウォッチではない一般の腕時計のように古い機種でも愛着をもつことができています。

“サル君”
AppleWatchは時計機能もある愛着のある玩具としてなら、それなりの満足感があるんだよな。

そこら辺はAppleはうまく作っていると思うよ。

さいごに

客観的に分析するとアップルウォッチは腕時計として実用的ではありません。

ですが実際、僕自身は不便を承知でAppleWatchをメイン腕時計として愛用してますので、ぼくのAppleWatchに対する印象は「時計機能もある愛着のあるおもちゃ」です。

腕時計を欲しい人に勧めることはできませんが、マニアックな腕時計として楽しむのはありかもしれませんね。

なので、直感で「欲しい!」と思った人は買っても後悔しないと思いますよ。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。