食べきれない!帯広の名店「鶏の伊藤」のザンギ定食

sim(@ssiR01)です。

北海道帯広市の鶏肉料理で有名な老舗の1つ「鶏の伊藤」の紹介です。

このお店の唐揚げ定食は800円ですが、唐揚げの量が他店の2倍以上出てきます。一人では食べきれないので2人で食べてちょうどいいくらいボリュームですね。

先日、久々に来店した時は一人で注文したのですが、料理が出てきた瞬間に「食べきれない!」と絶望しました。そして実際、食べきれなかったです(泣)

img_26992

 

他店と比べてみた

上の写真では実感がわかないと思うので、僕が札幌で食べている唐揚げ定食と比べてみます。

まずは札幌の山の猿の「唐揚げ定食500円」から。唐揚げの数は5個です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、鶏の伊藤の「骨なしザンギ定食800円」!唐揚げの量だけみても倍以上入っているのがわかります。正確な数は数えていませんが、唐揚げが12個以上入っています。僕は2/3を食べたところでギブアップしました。

img_2698

ちなみにこの唐揚げ、単品でも注文することができるので、大食いに自信のない人は数人で食べることをオススメします。

例えば、唐揚げを単品で頼んで、麺類やおにぎりなどの炭水化物を個別に注文するとか、そんな食べ方がオススメです。

味は普通に美味しいです。ただし、もも肉ではなく、おそらく胸肉を使っていますね。肉の油分がかなり少なめでした。ジューシーな唐揚げを求めている人には向かないかもしれません。

 

他のメニュー

「鶏めし定食」というのが店の看板メニューになっています。他、僕が過去に好んで食べていたのは「もつ炒め定食」でした。どちらも普通においしいです。

メニューは節操がないくらい多彩です。その一部を紹介すると、こんな感じに鶏肉料理の他にもいろんなものが食べられます。

鶏肉料理の他のお品書きはざっと以下のとおりです。

豚肉、鶏肉、中華丼、天丼、オムライス、チャーハン…

img_2695

カレーにパスタ、おにぎり、グラタン、そしてピザも!

img_2696

そば、うどん、そーめんまでも!もはやカオスですね(笑)

img_2697

 

店内の雰囲気

入店すると個室に通されます。

壁が薄いので隣室の声は丸聞こえですが、個室ですので落ち着いて食事ができますよ。

建物はかなり古めで、昭和のアンティークな雰囲気が漂っています。

 

場所

場所は帯広駅から少し離れています。帯広駅から西五条通りを南に約2キロ、徒歩30分のところにあります。バスかクルマで行くの楽ですよ。

最後に

鶏の伊藤は帯広の老舗の1つです。僕が学生の時にはすでにありましたから、創業30年以上です。帯広や十勝観光の際には話の種に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。