イラスト初心者のボクがペンタブレットではなくiPad Pro 12.9インチを買った理由

sim(@ssiR01)です。

イラスト用にと一ヶ月くらい悩んでiPad Proを買いました。ボクが買ったのはシルバー・128Gモデルです。Appleペンシルも同時に買いました。

買う前に思い悩んだことについて書いておきます。なぜ、板タブや液タブを買わなかったかなども…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注)iPadのイラストはprocreateというアプリに付属してきたものです。

 

iPad proを欲しいと思った動機

動機は「イラストを書けるようになりたい」という、ボクの心の奥底に眠っていた原初的な欲求を実現するためです。

子供のころは絵を書くのが好きで、美術の授業があった中学くらいまでは絵の成績は5段階評価でいつも5でした。

しかし、大人になるつれて、そんな一円にもならないことに情熱を注ぐの無駄だと思いはじめ、受験勉強と社畜への道をまっしぐらという、ありがちな人生を進んでしまいました。

でも、このまま人生を終えてしまっては死ぬ時に絶対後悔することと気がついて、自分のやりたいことに真剣に向き合うことにしたのです。

そんなボクの欲求をもっとも気負いなく叶えてくれそうなデバイスが、iPad ProとAppleペンシルだと直感したのが、そもそも始まりでした。

すべては直感でした。その辺りについて少し詳しく書いてみます。

 

なぜワコムのペンタブや液タブではなくiPadを買ったのか?

本格的にイラストをするなら、アプリが充実しているPC環境+板タブや液晶タブを選ぶべきだということは重々承知しています。初期投資やランニングコストもiPadと比べて明らかに安いですし。

ただし、これからイラストを始める人にとって心的なハードルがiPadに比べて高いのも事実です。

以下、古いペンタブを半年間使ったボクのペンタブレットに抱いたネガな実感です。

  • 使うたびにパソコンに接続しなくてはいけない
  • 机が狭いので使い終わったら片付けなくてはいけない
  • アプリの機能がiPadはシンプルだけどタブレットは複雑になる
  • デバイスの大きさに対して絵をかける部分の面積が小さい
  • よって常時机の上におけない

結果、気軽にイラストを書けなくなるような気がして、まずはiPadから落書き気分で始めようという結論に達しました。

そして、必要が生じたら液晶のペンタブを導入すればいいということで、僕の中で納得がいきました。

 

紙と鉛筆では駄目なのか?

実際に試してみました。絵を始める人にとってはこれが一番まっとうな選択ですからね。お金もかからないし。

でも、実際にやってみて、次の点が負担になって書かなくなってしまいました。

  • リアル世界に駄作が蓄積してしまう→処分するときのことを考えると頭が痛い
  • いい紙をつかわないと背景が透ける
  • 消しゴムの処理が意外と面倒

ペンタブでデジ絵を書いていたときのように没頭できないし、なにより楽しくないのですぐに挫折です。

だから、紙という手段も心的ハードルの高さを考えると、実は志の高い人向けなのかもしれませんね。

 

iPad Proでは楽しくお絵かきができるのか?

これは実際にやってみてですが、自信をもって「Yes」と答えます

上に書いたペンタブレットや紙のネガな部分を見事に払拭できました。

iPad Proを買ってよかった点を書き出してみるとこんな感じになります。

  • アプリを起動すれば、すぐに絵を書き始められる
  • 紙に書いているような感覚で直感的に書ける
  • 人にみせられない恥ずかしい絵も一瞬で消せる

ただ、アプリがまだ充実していないので、Photoshopと同じようなことをやろうとすると少し手間取ってしまうし、そもそもできない機能もあります。

しかし、僕のような超初心者がイラストに慣れるには最高のデバイスだと思います。

アプリも初心者が使うには十分過ぎる機能が搭載されていますし、絵を書いている時間は楽しくて没頭できています。

 

Appleペンシルで液晶画面は傷つかないのか?

Appleペンシルの書き心地は評判に違わず良かったです。持った感じの重さといい、持ち心地といい、書き心地といい、文句の付けようがありませんでした。

だけど、毎日、コツコツ、スーッスーッと液晶表面に書き込んで表面に傷はつかないのでしょうか?

ちなみに僕が半年間使ったペンタブの傷とスタイラスペンの消耗具合は下の写真のとおり、なかなか酷いものでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ペンタブ表面の傷

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタイラスペンの芯の消耗具合

 

しかし、iPadとアップルペンシルについては、傷がついたという報告もなくはないのですが、iPad Proが発売されて約1年が経過している今でも画面の傷つきを問題視するような情報はWeb上にはほとんど上がっていません

iPad proとAppleペンシルを愛用しているYouTuberの恵さんも特に言及していませんので、使用に支障を来すほどの傷は付きにくいと考えていいのではないかと思います。

つまり、現段階ではあまり気にする必要もなさそうです。

気になるようであれば保護フィルムという方法もありますし。

追記:2017.4.13

約半年間、毎日1時間イラストを書き続けてみて、iPad Proの画面には傷は付いていません。なので、大丈夫そうですね。

 

画面サイズと容量はどれを選ぶべきか?

買うと決めてから、迷ったのが画面サイズと容量です。僕が選んだのは12.9インチ128GBモデルです。

 

絵を書くなら画面サイズは大きい方がいい

理屈では分かっていたのですが、なかなか決心がつきませんでしたね(笑)

それで、ネットで調べてみるとiPad Proでイラストを書いているプロブロガーのヨスさんも大画面iPad Proを推していたので、それで自分を納得させました。

実際、買ってみてiPadの大きさにビビりましたが、絵を書くなら12.9インチ一択ではないでしょうか。

 

容量はイラストに特化するなら32GB でもいいかも

正直32BGモデルでもいいかなと思いました。

しかし、値段もさほど変わりませんし、容量は後から増やせませんので余裕をみて128GBにしました。

僕はiPhoneもiPad miniも128GBモデルを使っていますが、音楽や写真を入れまくっても容量的には困っていません。

 

さいごに

iPad Pro 12.9インチでイラストライフをスタートしたわけですが、自分の好きなことをしている時間を作ることができて大満足ですね。

絵を書こうと思った瞬間にiPadとアップルペンシルがあれば、すぐに書き始められますから。

おかげで絵を描くことに対するハードルがめちゃくちゃ下がりました。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。