DTMで4K iMacの画面の広さは十分か?表示できるトラックと小節数

リンク広告




sim(@ssiR01)です。

4K iMac(21.5インチ late2015)を買ったので、「DTMでの画面表示領域がいかほどか?」について、Apple純正のDAW「Logic Pro X」を使って検証してみました。

検証してみたのはつぎの3つです。

  • 表示できるトラック数
  • 小節数
  • ミキサー画面のチャンネルストリップ数

DTMマシンとしてMacの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

4K iMacのディスプレイ解像度

結論から言って、4K iMacの画面表示領域は十分です。

さらに、21.5インチという画面サイズと相まって、視点移動も少なく、マウスポインターを見失うことも少なくバランスの良いサイズのディスプレイだったというのが実際に使ってみた感想です。

一応、画面解像度について数値を他のMacと比較してみると4K iMacの画面表示領域の広さが十分であることが理解できます。

4K iMacを基準に比べてみると5K iMacは56%広く、MacBook Pro 15-inchは46%狭く、MacBook Pro 13-inchは56%狭い。

さらに、4K iMacの最大擬似解像度(2560 x 1440)は、5K iMacのデフォルト擬似解像度と同じなのです。

この解像度は非Retinaの27インチiMacとも同じなので、4K iMacで十分という判断です。

Logic Pro Xで表示できるトラック数と小節数

トラックサイズがデフォルトの場合

トラックの上下幅をデフォルトまま計測した場合は、「まあ、こんなものかな」というレベルです。すごくたくさん表示できるといった感動は特にありません

  • 擬似解像度(デフォルト 2048 x 1152) で 20トラック x 36小節
  • 擬似解像度(拡大 2304 x 1296)で 23トラック x 41小節
  • 擬似解像度(最大 2560 x 1440)で 26トラック x 47小節
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-30-21

デフォルト解像度では20トラック x 36小節を表示できる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-31-34

最大解像度では26トラック x 47小節を表示できる

 

トラックサイズを最小にした場合

しかし、トラックの上下幅を最小にした場合には驚くべき数のトラック数を一度に表示できます。

最大解像度では、なんと90トラックも一度に表示できるのです

実際のディスプレイ上では小さくて見にくいこともなく、普通に作業ができるくらいの大きさに見える。つまりは最大解像度でも実用レベルです。

  • 擬似解像度(デフォルト 2048 x 1152)で 69トラック
  • 擬似解像度(拡大 2304 x 1296)で 80トラック
  • 擬似解像度(最大 2560 x 1440)で 90トラック
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-35-51

デフォルト解像度では69トラック表示できる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-35-03

最大解像度では90トラック表示できる

 

Logic Pro Xで表示できるミキサーのチャンネルストリップ数

一方、ミキサー画面で表示できるチャンネルストリップの数は以下のとおり。まあ、十分ではないでしょうか。こちらも最大解像度にした場合でも十分実用レベルで使えました。

  • 擬似解像度(デフォルト 2048 x 1152)=29個
  • 擬似解像度(拡大 2304 x 1296)=33個
  • 擬似解像度(最大 2560 x 1440)=37個
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-37-15

デフォルト解像度

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-37-51

最大解像度

 

まとめ

4K iMacの画面表示領域は個人ユースのDTM用途では十分です。

プロユースで紹介されるMacBookPro 15インチよりも広いのだから当然ですね。

ただ、実際にDAWでそのくらいの数のトラックと小節を表示できるのかは言及している人がいなかったのでデータとして紹介してみました。

実際に試してわかったことは、「擬似解像度を最大にしても意外と使えるのだな」ということです。

これは正直驚きでした。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。