MacでMMD:どのくらいの性能がでるか(fps)




ぼくの環境で、仮想マシン上のWindows7でMMD(MikuMikuDance)を使ったときにどのくらいの性能がでるか簡単な記事にまとめておきます。

 

ソフトウエアの環境

ソフトウエアの環境は以下のとおりになります。

  • MMDのバージョン:MikuMIkuDance Ver7.96(DirectX9 Version)
  • モデル:Tda式初音ミク・アペンド_Ver1.00.pmx
  • モーション:wg_motion.vmd (Weekender Girl ウィークエンダーガール)
  • Windows 7 32bit版(DSP版):ホームエディション
  • VMWARE fusion 6.04(仮想マシン用のソフト)
  • MacOS X 10.9

なお、Macのハードウェアは以下の記事をご参照下さい

【DTM環境】コンピューター関係【2014年9月時点】

 

性能どのくらいか?

上記アペンドミクでだいたい200fpsくらいです。Lat式で300〜400fpsくらいでした。なお、カメラワークは入れていない状態です。だいたい60fpsくらいでそこそこの性能が出ていると言われていますので、趣味で使う分には問題ないかと。

空冷用ファンはもれなく回ります。しかし、Macの動画編集ソフトでエンコードしているときも例外なくファンが回りますので、こんなものなのだと思います。

ぼくはWindows 7の32bit版で使っていますので、64bit版でMMDも64bit版を使えばもっと速度が出ると思います。

ちなみにアペンドミクを踊らせたときのスクリーンショットです。

20



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。